先生はみんな頭を悩ませていました。

子どもが自分の意志だけ

高校生のときは、よく大石内蔵助論を戦わせた。私は大石のいさぎよさや周到な準備実行力にひかれると同時に、封建時代の限界を心の痛みとして感じた。そして、その時代の中で極限的かつ個性あふれる人生を生きた歴史上の人物を語れば語るほど、自分の身に置き換えて、今なすべきことの視点を確立すべく迫られたものである。
それほど歴史上の人物というものは、子どもの心をゆさぶる何かを持っており、おまえならどうすると肉迫するすごみがある。子どもたちの調査歴史上に深く大きな影響を与えた人物の存在感躍動、叫びというものが、時代を飛び越えて、読む者の思考系列や自我や精神をたくましくする役目を果たしているのだろう。
人間は失敗も多く、未熟きわまりないものであるが、人生の波風をどうにか乗り越えていける原動力は、このような歴史上の人物に負う部分が大きいように思う。社会体制がどう変わろうと、さまざまな人間の生き方を知ることは大きな教訓となり、生きる力になるはずである人の悪口ばかり聞かされた子どもはどうなるかもしも、自分では何もしないくせに、人の悪口ばかり言っている父親がいたとしたら子どもにとっては悲劇である。自分は何もせず、人の失敗を冷たく笑って馬鹿呼ばわりするような人間になってしまうのではないだろうか。
子どもは成長すると、親と同じことをする傾向がある。虐待されて育った子どもは自分の子どもを虐待するというが、それしか知らないのだから、仕方がない。

先生たちの消極的な態度は遺憾であ

  • 子どもだけを相手にしている
  • 学校や予備校
  • 母親から愛


子どもの踏み台であり肥やしである。


教育と混同するような考え方ではしかたがない。

だから親はあれはけしからんとか何を馬鹿なことをやっているのかという言葉を発する前に行
動で示し、自分の考えや味わった感動をしっかりと伝えてほしい。
名言集からの言葉を引用する場合でも、実感がこもっていれば、他人を動かすことができるのである。たとえば、宮本武蔵が伊織少年を諭す言葉でもいい。武蔵は、柳生但馬守のようになりたいと出世欲にはやる伊織少年に「あれになろう、これになろうと焦るよりも、黙って自分を富士山のように動かないものにつくりあげてしまえばそれでいい。

子どもがあれば

あとは世間が値打ちを決めてくれる」
と言ったという。この世の万物は無であり、それを見たものが認識して初めて存在するものになるという、仏教で言うの境地と言っていいだろうか。私の父は、自分自身の人生観と合わせて、感動を込めて武蔵は男らしいなと語った。
「寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の苦悩をくぐり抜けた者ほど、生命の尊さを知る」
これは、アメリカの国民詩人ホイットマンの言葉だ。
苦労した人間にはかなわないのだということを、実生活で実感した上での言葉であるからこそ、今でも私の心に残っているのだと思う。
川流るるがゆえに水澄むという言葉からは、人間止まってはいけない、前に進まなければいけない、行動することで何かを学ぶのだ、批評して不満を言うだけの人間になってはいけない、ということを教えられた。


成績が下位グループの子

母から何を言われても平気になっ小

人間は何かを十やったら、そのうち二つか三つは絶対に失敗するものだ。
血を流して、そこからたくさんのことを学ぶのである。
走って転んで人生には、つい子どもに話したくなる感動がいっぱいある通勤の途中、私は毎日、ある感動的なシーンを目撃する。両足に障害を持つ若い女性が松葉杖をつき、必死に歩道橋を登っていく姿だ。見ていると、いつも彼女は歩道橋のまえに立ったときに、必ず一度上を見上げる。そしてさぁ行くぞと自分に言い聞かせるような表情になり、おもむろに階段を登っていく。
そのうしろ姿に、胸がジーンとしてくる。孤高と言おうか、人間の強さ、生きることの尊さを、いやというほどその背中が教えてくれている。


子どもが生きていく灯明になると信じるのです。

その顔の素晴らしさといったらない。彼女の光り輝く微笑は、人知れず病の辛さと戦い、黙々と苦悩を乗り越えてゆく者のみに与えられる勲章なのだろう。
私はいつも心中で彼女の姿に合掌し、職場へ向かう。やるぞ、負けるものかという、すごい力が体中にみなぎってくるのがわかる。今に至るまで、どれほど彼女の姿に励まされ、勇気づけられたか計り知れない。
一言も言葉を交わさずとも、私はまぎれもなく彼女から、人生を生きるための深く大きな教訓を得る。そして彼女は私に影響を与えていることなどつゆ知らずに、自己の人生に挑戦している。この事実は、いったい何を象徴するのか。教育を考える上で、真理にきわめて近いものを示唆しているように思えてならない。
親と子は、まさに共生していると言ってよい。共生している以上、度にかわいがったり干渉したくなったりする状況も生まれるだろう。
保護者意識が強すぎて、いろいろ働きかけねば子どもは変わらない、んでしまっている人間だから当然、過親は子どもに対する育たない、と思い込しかし、このことに凝り固まった発想は、親を親としての行動·発言のみにしばりつけ子どもを子どもの立場のみに固着させてしまう。


子どもたちの調査 母さんが他家につとめていた。 育て教えるということは確かに大変なことです