風俗営業を始めてからいままでに1000人を超える女性を見てきましたが

オーガズムなら

フェラーリオーナーN氏がいる
舌から指、指も二本から三本へ、広がるのを待ってから、部長は椅子から立ち上がりました。まるで、本当に初めての男を開私の穴が完全にリラックスして「入れるぞ、いいか?」「ああ、はやく、入れてください」「そうか、待ちきれないほど、ほしいんだな?そら、言ってみろ、係長は部長の太いちんぽがほしい、ケツの穴に入れてもらいたいってな」「ああ、私、係長は、部長の太いちんぽ、ちんぽがほしい。ケツの穴に、入れ、入れてもらいたい、です」「よしよし、今、望みをかなえてやるぞ」「う、部長!」文字どおり、部長はズルズルッと入ってきました。痛みはなく、充実感だけが体の奥に広がっていきます。動かされると、もうそれだけでたまらない。せつない気分です。
JKデリヘル嬢の乳房が見えたとき

挿入している指をゆっくり抜き差しする

もちろん、ちんぽは触ってもいないのに、ビンビンにそりかえり、先走りをだらだら垂らしています。部長は私の反応を見て、腰を複雑に動かしながら、また意地悪なことを言いました。「すごいじゃないか、係長?触ってもいないのに、こんなにヌルヌルだ。やっぱり初めてじゃないな?」「そんな、ほんとです。こんなこと、今まで、知らなかった、ああ、く、う!」「それにしては感度がよすぎるじゃないか?」「それは、部長のせいですよ、おお」「くつ、俺が感じてるのだって、おまえのせいだぞ。

 

奴隷プレイのオ○ンコを好きにお使い下さいそれだけは

そして、罪悪感が重く肩にのしかかる。ゆるせ、妻よ。焦らされるように、アシスタント仕事をする勢いだった。初取材の日が来た。緊張のせいか、興奮していたせいか、昨夜はあまり寝られなかった。それでも、朝9時起きだ。普段に比べると、2.3時間も早い。普段なら、朝は、トーストとコーヒーと、決めているが、今日は、風俗取材ということもあり、ご飯にした。
セックスで感じると言うことがどんなことか

風俗雑誌も商売である広告宣伝主であり
気持ち的に、ご飯の方が、なんとなくだが、力が出る気がした。おかずは、昨夜の残り物だ。私は、貧乏で育ったせいか、その昨晩の残り物が好きだ。特に、冷え切った昨夜の夕食に出されたテンプラが大好物だ。残念ながら、今日はテンプラではなく、昨夜のポテトサラダ。そして、納豆、目玉焼き。インスタントのお味噌汁。ゆっくり噛みしめながらいただく。

 

ペニスを口にくわえる

ならば、どうするか?プロに聞くしかあるまい。ここでいうプロとはもちろん風俗嬢のことである。普通の女性よりははるかに多くの男性と接触しているがゆえに、彼女たちのデータベースは膨大であり、他者との比較が容易であるからである。ところが、彼女たちはプロであるがゆえ、本当のことをズバリと男性に言うことは少ない。たとえ、他人より性能が劣っていようと彼女たちは天使のほほえみで「普通だと思うよ」といい、傷つきやすい男の心をおもんばかった発言をするだけだ。

股間にへばり付く


臨戦態勢になっていないのだから、自分と他者とを比較することはできない。いきおい自分のイチモツの性能の確認は、女性に頼るというなんとも情けない状態になるのである。ところが、普通の女性に対して「オレのモは平均と比べてどうだろうか?」などと、聞いたりした日には、張り手のひとつも覚悟しなければならない。この一言は、裏を返せば、「お前はきっといろいろな男のイチモツを見たことがあるだろうから、その中で比較検討をして、オレのはどうか判断してくれと言っているようなものだからだ。素人女性にこんなことを聞けるわけがない。
風俗嬢がいっていたんですが