オナニーのたびに

下半身に激痛が走った 俺は娘の表情を無視し、木の根元に座り、さらに休んだ。ひと仕事のあとは、休むに限る娘も、車のそばの細い木の根元に背をもたせ、休んた。気がつくと、俺のシャツは汗でびしょびしょに濡れていた。も汗も忘れてい 続きを読む オナニーのたびに